事業承継ネットワークとは

  1. 円滑な事業承継を促すため、国のバックアップのもと、県がリーダーシップをとり、商工会議所、商工会、金融機関、士業等のネットワーク化を図る。
  2. 早期・計画的な事業承継準備を促すため、「事業承継診断」の実施等を通じ、事業承継ニーズを掘り起こす。
  3. 宮城県事業引継ぎ支援センター、宮城県中小企業再生支援協議会等の公的支援機関と連携して事業承継をシームレスにサポートする。
  4. 事業承継ネットワークでは連絡会議を開催し、支援機関等の意識の共有化、連携の強化を図る。
  5. 事業承継ネットワークにおいては、主に以下の3つの観点から事業を実施する。
    1. 県内の事業承継支援体制の整備
    2. 事業承継診断の実施
    3. 事業承継支援に関する連携体制の構築