復興相談センターTOP

支援員紹介

支援員紹介

宮城県事業引継ぎ支援センター
統括責任者・弁護士 渡邊 弘毅(わたなべ ひろき)

haneda1
事業譲渡は、専門家のアドバイスが有益です。
第三者に事業譲渡する場合には、事業引継ぎを円滑に行うために収益力の強化や不採算事業の廃止、債権債務の整理など、対処すべきさまざまな課題に取り組む必要があり、実務に精通した専門家の意見を聞くことが有益です。

宮城県事業引継ぎ支援センター
統括責任者補佐・公認会計士 久保澤 和彦(くぼさわ かずひこ)

kubosawa
事業を引継いでもらい、従業員の雇用を確保したいが?
先代経営者と後継者との関係も年々変化しています。かつては、親族内承継が9割以上を占めていたのに対して、近年では6割に減少してきています。また、経営者が60歳代のうち、後継者が決まっていない企業は約3割にのぼっています。この様な場合、取引先に迷惑をかけず従業員の雇用を確保するためにも、事業継続を優先することが大切です。

宮城県事業引継ぎ支援センター
統括責任者補佐・公認会計士 三浦 佑一郎(みうら ゆういちろう)

早めに専門家にご相談下さい。
代表者の高齢化や少子化の影響で、事業引継ぎは避けては通れない課題となりました。特に中小企業は代表者と取引先との関係が強く、より属人的な影響が大きいのが特徴です。是非、早めに専門家にご相談下さい。

宮城県事業引継ぎ支援センター
総括責任者補佐・元日本政策金融公庫 長尾 能邦(ながお よしくに)

haneda1
早期の専門家との相談が肝要です。
中小企業・小規模企業の経営者の高齢化が進む中、少子化価値観の多様化等の影響から、親族内の後継者の確保が難しくなっていることから、事業譲渡による第三者事業継承の必要性が増加していおり、早期の専門家との相談が肝要です。
Copyright © 2011-2018 宮城県産業復興相談センター(公益財団法人 みやぎ産業振興機構) All rights reserved.
このページの先頭へ戻る